この妙なる植物

朝は雨でした。その後曇りから、午後にはお日様が覗いた稲武です。
おかしなタイトルを付けました。

依頼のあった案件のアイデアが浮かばず「気分を変えなきゃダメ!」・・・早い話がパソコンの前に座っているのが嫌になっただけ?
という事で、カメラを持って出掛けました。

そこでこれ!「ツチアケビ」です。

20160706-1

この植物も一応ランの仲間。緑の葉っぱは一切ありません。
葉緑素を持たない「菌従属栄養植物」というのだそうです、近くにキノコがあってそこから栄養を貰うのだとか。

アップにするとこんな感じ。

20160706-2

花のアップです。

20160706-3

これ花の後、実を付けますがその実がまたヘンテコリン。ウィンナーソーセージのような実が付きます。

この妙なる植物」への2件のフィードバック

  1. 花子

    見事なツチアケビですね。
    かつて、私も、一度だけ見たことあるのですが、そのころは、カメラの趣味もなく、ふーん、これが、ツチアケビね、と通り過ぎてしまいました。
    今にしてみれば、残念。

    最後の写真を見ると、唇弁がはっきりしているので、ランだなあって、思いますけど、遠くから見ても、ランの華やかさはないので、何の仲間か、分かりませんよね。
    腐生植物って言う名前でも呼ばれますね。

    今日は、名古屋。モーレツな暑さで、お客様無し・・・^_^;

    返信
    1. 北極星 投稿作成者

      こんばんは、コメントありがとうございます。
      はいやや薄暗い所に、ややオレンジがかった茶色の植物ですから、華やかではなく何となく不気味です。
      高さは50cm程度。ま、これを見逃すことはありませんけどね。
         
      私は午前中豊田市中心部へ行きましたが、やはり暑かったですね。
      でも稲武へ帰ってきたら涼しかったですよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。