稲武まつり

しばらく更新が出来なかったブログです。
単純にサボっていただけ・・・
梅雨明け前は、長雨状態で出掛ける気にもなれず、梅雨が明けたら今度は猛暑です。
この夏は稲武でもかなり気温が高く、一歩表に出たら「暑い!出掛けるのはや~めた」と・・・
(単純に「あんたも年なんだよ」との声もありますが・・・)

前置きが長くなりましたが、稲武まつり!
稲武でも全国と同じように台風10号の影響で、14日には早々と中止が決定しました。
「稲武まつりは中止、花火は16日夜に延期」と。
毎年16日に行われる祭り協賛行事のマス釣り大会も、川が増水してこちらも中止です。
稲武まつり関連では唯一残った花火大会だけは昨夜、無事終了しました。

更に前置きが長くなります。
興味のない方は下の写真(余り関心は出来ない写真ですが・・・)へ行って下さい。

で、花火だけなら撮影場所の自由度が拡がります。
毎年の稲武まつり直後の花火では移動時間がないため、祭会場で写さざるを得ないのですが今回は事前に場所の選定が出来ます。

とはいうものの、打ち上げ時間は僅か25分!場所の選択が間違っていたらアウトです。
ここなら絶対確実という場所しか選べないのです。
考えた結果、やはり道の駅の駐車場という結論になって、7時半開始のところ6時半には到着しました。

早すぎた!でも垣根と背の高い雑草が茂っていてイマイチ。下を見ると福祉センター脇の駐車場は前方が開いていてバッチリと思ってそちらに移動しました。

ここへ移動しても50分前、だ~れもいない!20分ほどしたら軽自動車が1台。
お姉様方2人が車の前に小さなイスを出して、この方々は花火見物。
「どこから来られましたか」と聞かれたので「御所貝津です」というと「すぐそこじゃない」とおっしゃる。
私も「どこから来られましたか?」と聞いたら「大野瀬です」という言葉に続いて「大野瀬でも河上瀬だけどね」と軽くおっしゃいます。
ひぇ~河上瀬!この暗いのにあの狭い道を!と感心し、尊敬までしました。

前置きばかりですね。

やがて時間になり、花火が上がりました。
しかし開始直後、まだどの付近で花火が開くのか把握できない状態で立て続けに大きな花火が上がります。(尺玉と呼ばれる花火でしょう)

ほぼパニック状態のままオープニングの連発花火が終わり、小さめの花火が次々上がります。この頃になってようやく落ち着いて写し始めました。

20190817-1

20190817-2

20190817-3

でも時折上がる尺玉は、遙か高いところで開くため他の花火の感覚で狙うとレンズからはみ出したところで開いています。
40枚程度は写したけれど、まともなのは3枚ともう少しだけ。

もっと遠くから写さなければダメと思いましたが、場所選びも含めて花火を写すのは本当に難しいです。

稲武まつり」への2件のフィードバック

  1. 元笹平っ子

    こんばんは!
    花火自宅から見ましたよ。山と木々が邪魔して全形は見られないけど半分くらい見えました。山々にこだまして迫力がありましたね。安普請の我が家は家が揺れました。打ち上げはたぶんセイタイジから?地続きだから揺れも大きかった?
    花火の写真がそんなに難しいとは知りませんでした。いつもきれいに撮ってあるので。
    今週末は地区のお祭りですね。登り口に通行止めが立ててあったけどお庭草はするんでしょうね。雨が降りませんように。

    返信
    1. 北極星 投稿作成者

      こんばんは、コメントありがとうございます。
      あそこからでも見えましたか!
        
      尺玉は高く上がるから山越に見えるのかも?
      小さな花火は高く上がらない、大きな花火は高く上がります。
      で、余程遠くからならいいけれど、この付近で開くという位置が全然違うから狙いが付けられないのです。
      前もって今度は大きいのとか、次は小さい花火ですって教えてくれればいいのですが、そうではない。
        
      そしてやはり数が少ないのです。試行錯誤しているうちにすぐに終わりです。
      毎年同じ事の繰り返し・・・進歩がありません。
        
      そうですね、週末は誓約神社のお祭り。
      昔から誓約神社のお祭りに雨は付きものでしたから・・・
      (その昔は雨ではなく「台風」でしたね!)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。